Contact

ADDRESS   〒699-0201 
     島根県松江市玉湯町玉造1241
     玉造アートボックス2F

M A I L  artboxhakobune@gmail.com
TEL  0852-67-5050(代表)
​OPEN
   9:00〜19:00 
CLOSE  木曜

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • グレーTumblrのアイコン

​©2014 by はこぶね all rights reserved.​ 

10月6日

empfangen candle exhibition 『私を迎える火 -spectacle of memory-』 魚座の満月から牡羊座の満月の期間🌕 出雲大社 勢溜前にある えすこ 2階にて展示会を開催。 火にまつわること 火から体験してきたこと 創作し始めてからもうじき20年となる年月と火や火を見つめる空間、そしてものづくりを通じて自分との発見をさまざまな方向から溢れてしまったような。
9月13日

型絵染作家の月岡綾さんとお母様の親子展。 月紫展 2019/9/12(木)-18(水) 一畑百貨店 5階 美術サロン
3月4日

Serendipity セレンディピティ ビーズアクセサリー センス溢れる色合いは、カラフルでビビット。エスニックさも感じさせ、身につけることでワクワクさせてくれ年代を問わず楽しんでいただけます。20代をアメリカで過ごし、原色の世界の愉しさとアンティークショップ巡りからコスチュームジュエリーの世界に魅了され、コレクションをし始めたことがきっかけで独学でアクセサリー製作を始める。松江市在住。 ON
3月4日

in ユニ

YUNI ユニ イラスト・グッズ 病を機に自己表現の手段として心の感情を形にするため描き始め、そのご縁が広がり作家活動を開始し、倉吉市を中心に活動中。声の無い心の奥深くにある思考や様々な感情をゆっくりと消化しながら、優しさと強さといった両極端なものが共存する世界観を心掛け、モノクロの繊細な線画で表現しています。鳥取県倉吉市在住。 ・はこぶね店内メイン装飾タペストリー/2013 ・2周年記念 あり
3月3日

山口さくら だるまオブジェ いままでのだるまに囚われない自由なだるまを制作。多彩な画力と造形力で、いろんな色彩や柄・形をひとつひとつ丁寧に描いています。島根県出雲市在住。 ONLINE STORE
3月3日

hikalino ヒカリノ アクセサリー 長い年月をかけて自然の中で生み出された天然石、数十年前に人の手が作り出した輝くヴィンテージ・アンティークのビーズたちにはその素材だけで強さが在るところがとても好きです。そんな自分が生まれるよりも前に生み出された天然石やビーズたちを使い、その個性を生かしたアクセサリーを丁寧に仕上げることを心がけています。「ささやかに、ちょこっと良いものを」と手にとって貰えた
3月3日

神田さおり 踊絵師 躯全部で音楽の波を感じとり、踊る様に描き上げる。 幼い頃、バグダッド(イラク) とドバイ(アラブ首長国連邦) にて育ち、世界のうつくしさと共に日本への憧憬を強烈に体験する。世界中を旅しながら様々な土地や人々との出逢いに全身で感応し、そのエネルギーを表現し続ける。”LIFE PAINTING” と銘打たれたアートパフォーマンスでは、躯全部で音楽の波を感じとり大画面を踊る様に描き上
10月6日

in 88.16m

88.16m展示 『線の標本 栞』 10/5〜10/27 nabika2階(米子市四日市町46) お店の開店時間にいつでもご覧になれます。 以下、作家さんより--------- 線の標本も6回目となりました。 いつもの流れですと第6集となるところですが、副題を〈栞(しおり)〉といたしました。 すこし他のことに目を向けて勉強してみようと思い、只今創作活動をゆっくりペースにしております。 そ
3月14日

張 楚靈/Chuling Chang 視覺瞑想藝術表現アーティスト 台湾台北市出身。 12歳より日本へ移住。 幼少期より絵画に興味を持ち、 中国伝統文化、少数民族文化や宗教美術に感銘を受け、エキゾチックな感性で様々な目に見えない感情やエネルギー、香り、音、空気感を目に見えるものに感じ表す。 2009年 ベリーダンスを始める。 バレエや民族舞踊を融合したフュージョンダンサーとして様々なイベン
3月4日

なかじままさえ しじみのアクセサリー 宍道湖産のしじみを使って、日常をささやかに彩るアクセサリーを制作しています。コロンと愛らしいフォルムは、小さいながらも存在感たっぷり。お気に入りの普段着にあわせてお使いください。しじみの貝殻を洗浄して天日干しした後、合わせ貝であったペアを揃え製作に入ります。ナミナミや模様もちろん大きさもひとつひとつ違い、ペアだからこそ感じれるバランスがあります。貝の淵もひと
3月3日

watanabe aki わたなべ あき オルゴナイト オルゴナイトは場の調整を図るといわれています。それも含め、オルゴナイトの持ち主様が自分自身と繋がることを意図して作っています。そして、それが世界中に届くことを夢見ています。 1969年出雲市生まれ 約25年精神科看護職の経験後心の声に従って退職し、2014年オルゴナイトの創作とクリスタルボウル&シンギングボウルの癒しの仕事を開始する。全国にオ
3月3日

ぱりこ. イラスト 漫画も描けるイラストライター。元めしやのおかみ。幼少期から絵が好きで、小学生の頃から4コマ漫画を描き始める。2011年からイラストレーターとして活動2017年よりライター業務もスタート。メンタルヘルスや恋愛系、ビジネス・ダイエットなど、幅広いテーマでコラムや取材記事を執筆している。現在は、島根県のイラスト事業にも携わるほか、企業スタッフの名刺用似顔絵・チラシの挿絵など幅広く活動
3月3日

OFFICE BACTERIA オフィス バクテリア アクセサリー アーティスト池平徹兵 / Kanae Briandetによるアクセサリーユニット。パリ、東京間で作品を送り合いながら完成させるコラボレーションワーク。ひとつの形にとらわれず、絵画、アクセサリー、それを取り巻く細部に至るまで、バクテリアがあらゆる環境のなかでその種の個性を発揮するように、自然とOFFICE BACTERIAの世界が
3月3日

須田郡司 すだぐんじ 巨石ハンター 群馬県生まれ。雑誌カメラマンを経て独立。国内外の聖地を撮影する中で特に石文化や・巨石信仰に魅せられ、石の写真家として国内外で作品を発表。2003年~2006年3年間かけて日本石巡礼と題して、日本各地に点在する巨石を撮影し、地域の人々との交流の中で、各地に残る巨石文化・巨石信仰を取材。日本各地で写真展や石文化を伝えると共に、新聞、雑誌、TVなど多くのメディアでも取
10月6日

Chuling chang 作品展示 10/1〜10/31「千紫万紅」 会期中10/25 20:00〜 プチレセプションパーティー @Cafe' ノア 〒683-0853 鳥取県米子市両三柳2788-11 TEL.0859-21-7075 ・営業時間  昼…11:30~15:00  夜…完全予約制    PM6:00~9:00の間の2時間    (お一人様から承ります)  予約受付時間…1
3月5日

池平 徹兵 現代アート 1978年福岡県生まれ。2001年島根大学教育学部を専修しながら、独学で油彩画中心に制作を行う。2000年より島根県立美術館ギャラリーをはじめ、 東京オペラシティアートギャラリーprojectNやH.P.FRANCE WINDOW GALLERYなどで数多くの個展を開く。2013年には,第16回岡本太郎現代芸術賞展に入選。ニューヨークやマイアミなどのアートフェアにも参加し
3月4日

3103* サトミ イラスト・グッズ ほっこりしたカワイイゆるキャラ しまねの森のようせい「しまねもん」は地元の方にも大人気。出雲弁を語ってみたり、歌を歌ったりして愉しませてくれます。豆によく間違われますが、島根県の本土と隠岐の島をイメージした形なんですよ。ローカルのTV番組のタイトルにも出演中!しまねもんLINEスタンプも発売中ですよ。グッズを買って、帰っても島根を思い出してね。 ONLINE
3月3日

クラフトキャリア 石川 哲 いしかわあきら 金属立体造形工房   1996年・国立島根大学教育学部卒業(高橋正訓教授に師事、鍛金を学ぶ) 。1998年・国立島根大学教育学研究科修了。2003年・有限会社光製作所(東京都狛江市)退社。(同社にてTV、CM, 映画、イベント用金属製セットを制作する仕事に従事)。2004年・金属立体造形工房クラフトキャリア創業。草庵(湯の川温泉)のシャンデリア、あんどん
3月3日

in CONNI

CONNI こんに 樹脂アクセサリー 島根県の風景(宍道湖の夕日、木次の桜、三瓶の緑など)四季折々の風景、夢の中でいつかどこかでみたことあるような景色など不思議なきらめきを閉じ込めたアクセサリーを制作しています。持っているだけでどこか安心できるような、そしてまるで宝箱を開けたときのようなわくわくを目指して制作しています。どれかひとつでも誰かの宝物になりますように!島根県松江市在住 オンラインストア
3月3日

Hue Rain ヒュー レイン 糸編みによるアートと装飾品・装身具 「Hue Rain」は -色彩の雨- と訳します。-色彩の雨- という言葉は、人の心はなにでできているんだろう。と考えたとき、心は 水 だと思い、ではその水はどこから来るのだろうと思い考えて、辿り着いた答えが ー色彩の雨ーでした。なにかを感じたとき、心が動くとき、きっと心には色彩の雨が降っています。嬉しく穏やかな薄桃色の霧雨。立