Contact

ADDRESS   〒699-0201 
     島根県松江市玉湯町玉造1241
     玉造アートボックス2F

M A I L  artboxhakobune@gmail.com
TEL  0852-67-5050(代表)
​OPEN
   9:00〜19:00 
CLOSE  木曜

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Twitter Icon
  • Grey Instagram Icon
  • グレーTumblrのアイコン

​©2014 by はこぶね all rights reserved.​ 

『松江 水燈路』は松江城を中心にたくさんの行灯が並び、毎年県内外からたくさんの方が訪れる光の一大イベントです。
私たちは2009年にこのイベントのご縁を頂いてから たくさんの出逢いや展開を迎え、常に新しい路のあかりを灯してもらっているイベントです。地元クリエイターの作品表現の場でもあり、たくさんの絵画・工芸・アートなどが光に彩られる景色は正に絶景です。
そしてこの度、踊絵師「神田さおり」さんとの奇跡的なご縁から、この水燈路にて、empfangen-candleと和傘工房初音によるコラボレーションライブパフォーマンスが産まれました。神田さおりさんは、力強くそして繊細に身体全体で音と共振し、踊りながら絵を描かれます。時間とともに刻々と変わりゆく絵面は、まるで生きているかのように生命であふれ うごめいていきます。それにキャンドルと和傘の演出がどのような化学反応をもたらすのか。
一生に一度のこの機会に是非 神田さおりさんのライブペイントのご体感・ご鑑賞を お子様からご年配の方まで たくさんの方にお楽しみいただければ幸いです。

日時

2017年9月30日(土)
​19:00〜

場所

松江歴史館
​〒690-0887 島根県松江市殿町279

入場料

ドネーション制
(感動した気持ちを価値にして自由な価格でご支援ください。)

神田さおり Saori Kanda

幼い頃、バグダッド(イラク) とドバイ(アラブ首長国連邦) にて育ち、世界のうつくしさと共に日本への憧憬を強烈に体験する。世界中を旅しながら様々な土地や人々との出逢いに全身で感応し、そのエネルギーを表現し続ける。”LIFE PAINTING” と銘打たれたアートパフォーマンスでは、躯全部で音楽の波を感じとり大画面を踊る様に描き上げる。生き物の様に変化し続ける画面は、描かれては壊されまた産まれ、自由奔放な命がほとばしる。描いている肉体自ら絵の一部となり、空間を満たすパフォーマンスに世界中から出演オファーが集まっている。近年はNISSAN カレンダーアートワークをはじめ、FUJIROCK 出演、Alfa RomeoTVCM 出演、Canon EOS 5D Mark III 公式ムービー出演、VIVIENNETAM コラボドレスをVOGUE Night にて発表、Dragon Ash [ Lily ] MV出演、与論島満月のアートイベント「月酔祭」オーガナイズ、池坊イベントアートディレクション、香港&台湾&カザフスタンでの個展、アメリカの野外ステージ[RED ROCKS] にて伝説的サイケデリックアーティストShpongle とのセッション、中之条ビエンナーレ参加作家として四万温泉天井画制作など多岐に渡る創作活動を行う。


HP http://www.saorian.com/cn9/top_index.html
facebook http://www.facebook.com/lovepaintsaorian/

和傘工房 初音

受け継がれてきた思いと技術を残し伝えること。
できるだけ地元のものを使った昔から伝わる和傘創りをベースにオリジナルの和傘を製作。和傘独特の「雨音」を実感していただき、雨の日が少しでも楽しくなり、何気ない日常や、特別な日に彩りを添えることができるならば幸いです。和傘を身近に感じて頂けるよう、和傘の技術を活かした照明や小物も製作。ものづくりをもっと身近に感じて頂き、その楽しさを多くの人に伝えたいです。その中で少しでもものづくりや、昔からある素晴らしい技術に興味を抱いてもらい、いつの時代にも通じるものづくりの道筋を作ることができればと思います。

HP  http://hatsune-wagasa.jp/

facebook   http://www.facebook.com/wagasahatsune/

 

夏の大山の風物詩「お盆の大献灯 和傘灯り」

壮大に大神山神社奥宮へ続く参道に和傘灯りが並びます。
2017年8月11日〜13日開催。
http://www.daisen.jp/p/kyokai/14/

2012年より水燈路フィナーレ『いにしえの光と音』にてempfangen candleとヒカリの演出をコラボレーション

empfangen candle

光の創造空間を創りだす夫婦ユニット。

candle work / JUNKO NAKAO
フラワーデザイン、ブライダルフォトグラファーの経験から、創ること残すこと感動の共有に喜びを感じつつ、いつも闇と戦っていた。闇に飲み込まれないことに必死にもがいていた時にキャンドルの炎から自身の闇に光の路を見つけ、1999年キャンドル創りを始める。同時にキャンドルの炎は灯す空間と共有する人で変わり、その関係性に興味が増し、さまざまな空間で灯し始める。2004年自身のブランドとしてempfangenを立ち上げ、パートナーTAKAYUKIとの出逢いからデザイン・プロデュースの二人三脚で動き始める。松江水燈路の出会いは2009年。第一子とともに活動再スタートをし、2011年から水燈路フィナーレイベント『いにしえの光と音』のヒカリの演出を担当。翌年より和傘工房初音とコラボレーションも始まる。2013年、これまでの活動と拡がったご縁を活かし、ものづくりの地 玉造にてクリエイターズショップをオープン。輝く光は闇があるからこそ美しく感じる。

total produce / TAKAYUKI NAKAO

倉敷芸術科学大学 芸術学部卒業。芸術家 高橋秀、版画家 田中孝に師事。主に絵画、シルクスクリーンを使った制作で個展、グループ展などに出展。同時に実験的バンド「アルカイック・アーチャー」を全国各地でライブ活動を行うなど、様々な表現活動を行う中で、物事が具現化される偶発性と必然性について研究・制作する。2003年より印刷会社、広告代理店にてグラフィックデザイナーとして勤務。島根広告賞2009年クリエーター特別賞、2011年大賞受賞。2012年より独立。2013年より玉造温泉街の玉造アートボックス2階にてクリエイターズショップ「はこぶね」をスタート。妻とともにempfangen-candleのキャンドルの制作に取り込みながら、キャンドルの炎や光の魅力について発信をしている。

ヒカリとともに拡がり続けるあなたの中の無限の可能性。出雲の地でひとつひとつ手作業で生み出しあなたにある「ヒカリ」とひびきあうキャンドル創りをしています。あなたのご縁がこの無限のヒカリのように拡がっていきますように…

empfangen-candle
http://www.empfangen-candle.com/

はこぶね -玉造アートボックス-
http://www.hakobune-artbox.com/

 
 

協賛のお願い

神田さおり LIFE PAINT in 水燈路は、皆様のご協賛にて、運営しております。
ご協賛をいただいた方には、限定イベント記念品をお送りする他、HP及びSNS、掲載など様々な特典をご用意しております。
皆様のご協賛を何卒お願い申し上げます。

​協賛 A 30,000円

◯イベント記念フォトブック進呈
 (11月末までに発送予定)
◯御協賛各社様 広告掲載
・はこぶねHP内掲載
 (写真1枚、紹介文、詳細情報)
  ※掲載期間1年間
・Facebookイベントページ内掲載
 (写真1〜3枚、紹介文、詳細情報)
・フォトブック内紙面広告
 (写真1枚、紹介文、詳細情報)

​協賛 B 10,000円

◯イベント記念フォトブック進呈
 (11月末までに発送予定)
◯御協賛各社様 広告掲載
・はこぶねHP内掲載
 (ロゴのみ)
  ※掲載期間1年間
・Facebookイベントページ内掲載
 (ロゴのみ)
・フォトブック内紙面広告
 (ロゴのみ)

1/1